このエントリーをはてなブックマークに追加   

車を売りたけどオークションってどう?

車売りたいけどオークションに出すのはどうなの?

車を売りたいときにオークションを思い浮かべる方は多いかと思います。

オークションで車を売りたいなら代行業者に頼んでオークションに出してもらう方法が一般的になりますが、そのメリットとしては買取専門店に買取してもらう場合に比べ、オークション価格の方が高くなることがほとんどであるということです。

なぜなら、買取専門店に売却されたクルマはそのままオークションに流れていったりもしますので、オークション以上の金額で買取してしまうとお店側の利益が出ないということになってしまうからです。

では、車を売りたいからといってオークションに出すのが一番おススメなのかというと、必ずしもそういうわけではないのです。

「できるだけ高く売りたいんだから、オークションの方がイイのでは?」

そう思われるのはごもっともですが、オークションの場合はいくつかのデメリットがあるのです。

まずオークションについて簡単に説明すると、一般的にオートオークションなどとも呼ばれていて、全国に約200か所くらいあるのですが、参加するためには資格が必要になります。

この会員資格を取得するのも近年難しくなっていますし、基本的に一般の個人の方はオークションに出品や参加ができないものになっています。なので、こちらに出すのであれば代行業者に依頼するのが通常となります。

オークションに出品したからといって、絶対に落札されるのかというとそうではありません。通常は落札率が40~50%くらいといわれているようですが、売れなかった場合でも出品手数料というのは毎回かかります。

車売りたい時のオークション出品について

さらにオークション代行業者に対する手数料というのも必要となってきますね。

無駄な経費や時間がかかることを考えるとこれは結構デメリットといえますが、その点買取店にお願いすると確実に売ることができます。

また、オークションの場合は、名義変更やその他の手続きを自分で処理しなければいけないことがほとんどです。

実はこれがかなり面倒くさく、手続きミスやトラブルのもとにもなりかねませんが、買取専門店に頼んだ場合はこうした処理もモチロンお店側が全部やってくれますので、こうした安心感があるというワケです。

そしてもう一つ考えられるデメリットが、オークションの場合は一定の期間クレームを申請できるようになっていますので、万が一クレームがついた場合は自分自身で対応していかなくてはならないということです。となると、専門知識が必要になってくる場合もあるわけです。あとでクレームがついて減額が認められた場合などには応じる必要がありますので、これはかなりのリスクではないでしょうか。

これらのことを踏まえて考えると、クルマを売りたいときには買取専門店にお願いするのが一番確実で安全であるといえるでしょう。オークションへ出品されることをご検討中であれば、よく考えてからにすることをオススメします。

ここまでご覧いただきありがとうございます。車を売りたい時はオークションよりも一括査定サイトを利用して買取専門店に依頼するのがおすすめです!トップページの方からもう一度詳細を確認していただくと、より理解が深まると思いますのでぜひご覧ください。おススメのサイトもご紹介しています。

車売りたいのトップページへ