このエントリーをはてなブックマークに追加   

車を売る時の書類はコチラでチェック!

車売るなら書類を確認しておきましょう

車を売る時には書類が必要となりますので、あらかじめ準備しておかなければならないのですが、ではその車を売る時の必要書類とはどういったものになるのかという事をご紹介していきたいと思います。

まず必要となる書類が自動車検査証(車検証)となります。車検証は普段からいつも車内に置いておくことが義務となっていますが、もしも紛失したら再発行の手続きを運輸支局でおこなってください。

自動車税納税証明書も車検を受けるとき必要となる書類ですので、車を売る時には一緒に渡す必要があります。こちらも万が一なくした場合は都道府県の税事務所(軽自動車の場合は市区役所)で再発行が必要となります。

次に実印と、発効から3か月以内の印鑑証明書も用意しておいてください。そして名義変更を買取ショップに任せるために必要となる委任状と、車を譲渡するための譲渡証明書が必要となりますが、それぞれに実印を押すこととなります。なお、両方とも買取ショップに用意されている書類です。

強制保険の加入証明書である自賠責保険証も必要となり、こちらが無かったり期限切れだったりすると、車を売ることができなくなります。ですから、もしも無くされていた場合は、加入している保険会社に再発行してもらうようにしてください。

他にも自動車リサイクル料金を預託しているのであれば、その証明となるリサイク券が必要となります。こちらもし無くしたのであれば、自動車リサイクルシステムホームページ上で「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトしてください。リサイクル券の代わりに使用できるようになります。

あと、もしも車検証に記載の住所と印鑑証明書の住所が別となっている場合、住民票も必要となります。ですので引っ越しの際は、車検証も住所変更されておいた方がいいと思います。

ここまでご覧いただきありがとうございます。車を売りたい時はやっぱり一括査定サイトを利用するのがおすすめですね!トップページの方からもう一度詳細を確認していただくと、より理解が深まると思いますのでぜひご覧ください。おススメのサイトもご紹介しています。

車売りたいのトップページへ